賃貸を借りる時に譲れない条件を決めることが大切です。

賃貸物件を探す:見学の際の注意点

賃貸物件を探すにあたって、物件の立地や間取り図などを見ながら不動産屋さんと話し合って絞っていくことが多いと思います。よっぽど遠隔地で急を要する引越しではない限り、できる限り下見として部屋を実際に見てみましょう。行ってみないとわからないポイントが無数にあります。まず、マンションの外観です。きれいに清掃が保たれているかどうかや、自転車やバイクなどが乱雑に置かれていないかどうか、ポストがあれば入居者の数も大体みることができるでしょう。

そして物件の部屋に入れば、まず日当たりを見ましょう。方位磁石があると便利です。内覧する時間にもよりますが、長い時間を過ごす部屋なので日当たりが悪いと湿気がたまったり良いことはありません。できれば日当たりの良い時間帯に下見にいけるといいですね。また、日当たりと同様風通しの良さも重要です。そして、実際に家具などを配置すると部屋はとてもせまく感じるものです。下見で何も家具がない状態で家具を置いた状態をイメージしましょう。そして一番重要なのは収納スペースの確認です。間取り図とは多少異なっていることも多いので必ず確認しましょう。最後に、もし差し支えがなければ隣家にどんな方が住まれているのか、情報を得ましょう。
Copyright (C)2017賃貸を借りる時に譲れない条件を決めることが大切です。.All rights reserved.