賃貸を借りる時に譲れない条件を決めることが大切です。

賃貸物件を見学する際に、持参すべき物。

賃貸情報サイトで物件検索を行った際には、当然目ぼしいいくつかのお部屋は実際に不動産会社まで足を運んで、担当者の方と一緒に物件を実際に見せてもらった上で契約するかどうかを判断されると思いますが、意外にもその際に何も持参せずに見学されるという方が結構おられるようです。

何となくイメージ的に気に入るか気に入らないかで判断されてしまうケースも多いみたいですが、やはりせめてメジャーやメモ帳に筆記用具ぐらいは持参するようにしたいものです。というのも実際に現地でお部屋の正確な寸法を把握しておかないと、いざ引越しの際に持ってきたベッドが予定していた置き場所に納まらないといった可能性だってありますし、気付いた点はその場で記述しておかないと、後で確認したい気になる質問事項を忘れてしまうリスクもあるからです。

最近はどこの不動産会社も、サイト上に正確なお部屋の間取り図を掲載していると思い込んでおられる方も多いでしょうが、実際に物件を下見してみると自分が想像していたイメージと差異があるというのは、決して少ない事ではありません。ちなみに私が最初に借りたマンションの部屋は、実際に下見をせずに間取り図だけで契約してしまいましたが、契約後初めて部屋を訪れた際に間取り図を見たイメージ以上に、部屋の形が変形していたので正直ちょっと暮らし辛かったです。
Copyright (C)2017賃貸を借りる時に譲れない条件を決めることが大切です。.All rights reserved.