賃貸を借りる時に譲れない条件を決めることが大切です。

賃貸の見学、ここに要注意

物件見学といっても賃貸だとつい緩んだ気分で挑みがちです。しかし万が一、気に入らなくて引っ越すことになれば、払った敷金礼金は全額返還とはいきません。気合いを入れて、しっかりとみておきましょう。まず、一番気になるのは水回りです。清潔に保ちやすいか、使いやすいか、やたらと低い位置に台があって毎日の料理に耐えられないなんてことのないよう、チェックしましょう。隣近所の様子も、見ておきましょう。変な住人がいる部屋はそういうムードがあるもの。ある程度カンで判断かもしれません。できれば夜も見に行って、物騒な感じはないか、うるさくしている人はいないか確認しましょう。

また、仲介不動産が信頼できる人であることも大事です。不動産業者は部屋の鍵を持っているので、やたらと馴れ馴れしかったり態度に問題がある不動産業者は避けましょう。一人暮らしの女性は特に、物件見学で気に入られて狙われ、困ったことになるケースもまれにあります。契約をやたらと急かすところにも、慎重な対応をしましょう。確かに人気のある物件は急がないといけないのですが、考える時間を与えないようにして早くお金を入れさせようという不動産業者は、お客様よりも大家さん寄りかもしれません。
Copyright (C)2017賃貸を借りる時に譲れない条件を決めることが大切です。.All rights reserved.